『RICOH WG-M1』評判:価格もこなれて来て、弱点の少ないアクションカメラ

WG-M1a

 

今回は、専用の水中ハウジングを装着することなしで、
防水性能・耐衝撃性能・耐寒性能が揃ったタフなアクションカメラ、
「RICOH(リコー) WG-M1」の評判を口コミで検証します。

2

 

本体底部に三脚穴の付いたスタイリッシュなデザインで、
各種マウントを使ってヘルメットだけでなくあらゆる
ところに装着して、面白い映像が撮れる点が受けていますね。

 

ではまず、スキー場で撮られた映像をご覧下さい。


協力 マルコシモーネさん

 

とても迫力ある映像ですね。

 

では今度は、購入したユーザーの方々のレビューを基に、
使い勝手や実力を検証してみましょう。

 

★「主に仲間内で楽しむスノーボード動画の撮影用に購入。クリップアダプターやリストマウントを使用して撮影している。まずは見た目のかっこ良さが最高。見ているだけでテンションが上がるようなデザインは、アクションカムの中では一番ではないか。動画撮影性能は若干彩度が落ちるような気もするが、十分満足の行くクオリティだ。iPhone6で鑑賞するのに最適だ。」

★「マイナス1なのは重さ(笑)。あと付属のカラビナ&バンドは、撮影時には邪魔かも知れない。機能・性能でいえば、これで十分で満足している。ソニー&パナソニックのアクションカム(ウェアラブルカメラ)よりも良いと思う。」

★「主にバイクに付けてツーリング動画を撮影。最初は空や雲にモアレとか写り、ダメかと思ったけど、色々使い込んで行く内にイイ動画が撮れるようになって来た。タイムプラス画像も撮っているが、星とかの撮影には不向きなようだ。」

★「デザイン・機能とともに申し分なし。液晶画面は、小さいながら構図確認に便利だが、視野角が狭いため☆1つ減点。」

★「この手のアクションカメラに絶対必要な耐衝撃性に関しては、全く申し分ないものと思われる。2メートルの落下に耐えられると表示されていたが、マルチコプターに搭載しての高度約50メートルからの墜落でも、無傷で収録データも問題なし。その後の使用も全く問題なく可能。」

 

このカメラの一番良いところは、何といっても
ハウジングなしで水中での撮影ができ、
落下などの衝撃にも強いということでしょうね。

 

これらタフな性能・機能は、ウェアラブル/
アクションカメラの中でもピカイチと言えるのでは?

また別売りのマウントの種類が多く、三脚穴にはまるもの
なら他社のマウントでも使用可能なので、あらゆるところに
カメラを装着でき、独特な映像が撮れることも特徴だと思います。

 

画質に限って言えば他機におよばない部分もあるものの、
致命的な弱点がないのが評価できるので、初めて購入する方には
失敗のないアクションカメラ選びとなるでしょう。

 

価格はデビューしてから、だいぶこなれて来ました。

 

下記のお店では、メーカー希望小売価格より
45%OFFで販売され安いので、こちらで購入するのも
良いかも知れませんね。

送料も無料でお得、アフターサービスも良いので、
購入後も安心なところがオススメです。

2

 

WG-M1b

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください