『DJI OSMO Mobile』レビュー:評判の高精度スタビライザーの使い方

 

手持ちのスマホがアクションカメラに早変わりする、
高精度スタビライザー「DJI OSMO Mobile」
を、レビューで評価してみたいと思います。

2

iPhoneでもAndroidでもスマホなら
どの機種でも使えて、趣味だけでなく
仕事でも使える性能を有したジンバルですね。

 

では、この動画アクセサリーの使い方と、
実際の効果を解説した動画がありますのでご覧下さい。


協力 Engadget Japaneseさん

 

次に愛用しているユーザーの方のレビューを参考に、
このジンバルの使い勝手を検証してみましょう。

 

★「iPhoneに合わせたような作り。全く不自由なくセットができ、微調整も不要だ。アプリの使い勝手も問題なく、思い通りに使いこなせる。少し気になったのは編集作業で、かなり慣れないと編集は難しいと感じた。使い方は、取説を見なくても参照動画だけで学習できる。」

★「思ったほど軽くはないが、バランスが良くあまり疲れない。モーター音も拾わない。」

★「本体自体の動作は思った通りブレず、満足している。他のOSMOと違い、ファンがないので動作音は静かだ。ただメーカーの公称値の3時間もバッテリーが持たない。タイムラプスの撮影時の消費が大きいのか、スマホの重さのせいなのか?」

★「iPhone7にこれを接続して早速試し撮りし、4Kテレビで映像を確認したが、自分がプロになったかのような錯覚に陥った。歩道橋の階段でも少し意識して持てば、ほとんどブレない。ただスマホを取り付けたままだとテーブルに置きにくいので、オプションのベースか三脚が必需品になる。」

 

では、色々述べてみたいと思います。

 

価格が高いだけあり、しっかりした作りで
プロ用機材と言っても良さそうです。

重量が少しありますが、その分映像が
安定するので、あまり気にはならないでしょう。

 

その効果はぬるぬるした映像を見た通り、
まるでステディカムのようですね。

そのバツグンの安定性は、2秒程度までの静止に耐えることで、
手持ちでも長時間露光写真をブレずに撮ることだって可能。

 

最近のスマホは写真や動画の画質もかなり向上しているので、
このOSMO Mobileを使うことで、
仕事に向けた画像・動画が充分撮れるハズです。

また、バッテリーがメーカー公称値よりも短いとのことですが、
スマホ自体が長時間撮ることができないので、
それほど気にすることはないのではないかと思います。

 

スマホで撮った映像とは思えない滑らかな動きは、
まさに価格に見合った性能だと評価できるでしょう。

2

 

 

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおすすめです

⇒ サンコー 3AXSTA8H

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください