『ASUS RECO SYNC』レビュー:ウェアラブルカメラでありながら自動車でドラレコとしても使える共用モデル

普段はドライブレコーダーとして活躍し、車を降りたら
ウェアラブルカメラとして使える1台2役の、

「ASUS(エイスース) RECO SYNC」
を、レビューしたいと思います。

 

SONYのセンサーを採用してクリアな映像を再現することができ、
GセンサーやWDR機能も搭載したりっぱなドライブレコーダー。

 

一方でリチウムバッテリーを内蔵していることで、アタッチメントから
取り外せばウェアラブルカメラに早変わり。

超広角150度・F1.8の明るいレンズにより、
迫力ある映像や写真を残すことができるんです。




 

それでは、このカメラの製品概要を
メーカーの動画でご覧下さい。

 

それから、実際の画質はどんなものでしょうか。

ドライブレコーダーとして使った場合と、ウェアラブルカメラ
として使った場合の映像を続いてご覧いただきましょう。


協力 Engadget Japaneseさん

 

さて、今度は使い勝手などを含め、愛用しているユーザーの
皆さんの声を参考に、RECO SYNCの魅力を語ってみます。

 

★「映像が綺麗だ。操作もしやすい。音声ノイズも入らず良い。」

★「画質は良い。ただGPSアンテナが内蔵ではなく、外部接続タイプだ。しかもアンテナが、今時にしては大きい気がする。あと、車線逸脱・車間距離などの運転支援は無用のおせっかいなので、OFFにした方が良い。」

★「一番の特徴は、デザイン面にあると思う。一眼レフレンズそのままのような個性的なもので、58㎜径のレンズフィルターをアタッチメントなしで取り付け可能なのは素晴らしい。下部に三脚用ネジ穴も備え付けられており、その他カメラ用オプションの取り付けが可能など拡張性に優れている。手持ちの使用や自転車への取り付け、自撮り棒を装着したりなど色んな場面で使いやすい。」

★「プレビュー画面がないが、スマホアプリで見るタイプだ。アプリは日本語になっており、使いやすい。本体がちょっと大きいので、アクションカメラとしての軽さや携帯性を求められると、期待外れになると思う。正直、ヘルメットに着けたりするのには厳しい大きさだ。ドラレコとして使えるが、プラスアルファとしてアクションカメラとして使うと言うのが良いと思う。」

 

いかがでしょうか?

 

一眼レフカメラレンズがそのままドライブレコーダーになったり、
あるいはウェアラブルカメラに変身したり、正にそんなイメージですね。

フルHD1080p・SONY製CMOSセンサー・広角150度F1.8レンズ・WDR機能など、
デジタルカメラとしての基本性能に優れた製品になっています。

 

これをドラレコとして使うか、ウェアラブルカメラとして使うか、
あなたのお好み次第と言っているようです。

どっち付かずで中途ハンパだと言う意見もありますが、
動画を見ていただいた通り画質が良いことで、両方で使えるのは
便利だと考える人は結構多いのではないでしょうか。

 

結論としては、ウェアラブルカメラには興味がないのなら、
同じような性能でもっとボディの小さい
ドライブレコーダー専用モデルを選んだ方が良いでしょうね。

 

ウェアラブルカメラが欲しいのだけれど、せっかくなら
その機能を生かしてドライブレコーダーにも使いたいと考える人は、
きっと満足度が高いのではと思います。

くり返しますが、動画カメラとしてとても性能の良いカメラなので、
どう評価できるかはあなたの使い方次第で決まると言えるでしょう。


 

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおすすめです

⇒ iON Air Pro 3 WiFi

 

2件のコメント

  • 宮澤秀明

    RECO Syncは、運転支援機能は、ありません。

  • 動画カメラ小僧

    宮澤秀明さま、コメント有難うございました。
    RECO Syncは、運転支援機能はありませんでしたね。
    付いているのは姉妹機「RECO classic」でした。
    お詫びして訂正させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください