『Nikon COOLPIX P950』レビュー評価:アクションカメラで不可能な望遠撮影で運動会などに威力を発揮!

 

これからアクションカメラを購入しようとする方から聞く質問に、このようなものがあります。

「アクションカメラは運動会でも使えますか?」と。

 

答えを言えば、”それはちょっと難しい”です。

何故ならアクションカメラのほとんどは、超広角レンズを搭載しているため、遠くの人物をアップで撮影できないからなんです。

 

ズーム機能ありとうたったモデルがありますが、それはデジタルズームのことであり、光学ズームと違って画質が低下してしまいます。

しかもデジタルズームはわずかしかズームできず、撮影しているその場から、一人をずっと追い続けることは不可能でしょう。

 

そんな場合、ビデオカメラならある程度望遠で撮ることは可能です。

でも、よりズームが利いてしかも撮りやすい、こんなカメラを使ってみるのはどうでしょうか?

 

そのカメラとは、超高倍率ズームを搭載した「Nikon COOLPIX P950」です。

ネオコンデジと呼ばれるカメラで、35㎜判換算24㎜~2000㎜をカバーする上に、4KUHDでの動画撮影を可能にしています。

今回はアクションカメラを求めながらも、望遠を生かした撮影をしたいあなたの望みを叶える、COOLPIX P950の魅力をユーザーレビューを交えて迫ります。




「『Nikon COOLPIX P950』レビュー評価:アクションカメラで不可能な望遠撮影で運動会などに威力を発揮!」の続きを読む…

『Insta360 ONE RS ツイン版』レビュー評価:ONE Rと比べ画質やバッテリーなど魅力的な改良が盛りだくさん!

 

 

アクションカメラ唯一のレンズ交換式モデル、Insta360 ONE Rが改良を施して魅力をアップしました。

レンズやバッテリー・マウントブラケットなど、比較してみて分かる通りあらゆる箇所に磨きを掛け、「Insta360 ONE RS」として装いも新たにデビューしたのです。

 

単なるマイナーチェンジとは違う、フルモデルチェンジに近いこのモデルは、具体的にどんな変化を遂げたのでしょうか?

今回は価格的にお得なONE RS ツイン版にスポットを当て、ユーザーレビューを交えながら検証、そして評価してみようと思います。




「『Insta360 ONE RS ツイン版』レビュー評価:ONE Rと比べ画質やバッテリーなど魅力的な改良が盛りだくさん!」の続きを読む…

『DJI Action 2 dual-screenコンボ・powerコンボ』レビュー評価:熱暴走しやすいがセンサーサイズが大きくなった!

 

アクションカメラは長らく、デジタルカメラのようなオーソドックスなデザインが一般的でした。

このデザインのまま極力小さく軽くして、よりウェアラブルに使えるよう改良してきたのですが、やはり限界があるものです。

 

そこで撮影の際に、なくても必ずしも困らない機能を省いて、小型化を進めたモデルが登場しました。

しかしそれだと、多用途に使えない不便さを感じる場合も生じるでしょう。

 

そんな不便を解決すべく1つの方法として、撮影に応じてユニットを交換することで、小型ボディを保ち多様な撮影に応えたモデルが出て来ました。

Insta360 ONE Rなどはその一例です。

 

それからもうひとつ、撮影シチュエーションによってボディを分離し、必要なユニットのみで撮影にのぞめるモデルも現れました。

それが「DJI Action 2」です。

 

本体ユニットをマグネット式で付け替えて、クリエイティブなアクション動画を撮影することが可能。

今回は、DJI Action 2をユーザーレビューを参考にしながら、機能や性能をを検証・評価してみたいと思います。




「『DJI Action 2 dual-screenコンボ・powerコンボ』レビュー評価:熱暴走しやすいがセンサーサイズが大きくなった!」の続きを読む…