『SONY フィンガーグリップ』アクションカムの手ぶれ補正にコレはおすすめ!

 

SONY(ソニー)アクションカムの手ぶれ補正として
実に使いやすい「フィンガーグリップ AKA-FGP1」
を、今回ご紹介したいと思います。

 

FDR-X3000RHDR-AS300RHDR-AS50R
使っているあなたに、超おすすめのアイテム。

 

これは、本来腕に巻いて使うライブビューリモコンと、
カメラ本体を合体させるグリップで、

同社のハンディカムのようにモニターを見ながら、
被写体を追えるようになるのです。

 

ですから、ローアングルからハイアングルまで、
リモコンの画面で確認して、
様々な角度で片手撮影が可能になります。

ソフトゴム製のレンズカバーも付属しており、
フィンガーグリップを装着したままカバンに入れても、
アクションカムのレンズを傷付けることはありませんよ。




「『SONY フィンガーグリップ』アクションカムの手ぶれ補正にコレはおすすめ!」の続きを読む…

『GoPro HERO6 アクセサリー』おすすめ:アルミ合金ハウジングケースでボディを保護!

 

GoPro HERO6 Blackを大切にするユーザーならおすすめ、
GoPro アクセサリー「アルミ合金ハウジングケース」
を、お使いになってはいかがでしょうか?

 

※デザインが変更になりました▼

2

ウェアラブルカメラの代表格で、性能も人気も第1級のHERO6ですが、
このカメラの最大のネックは、何と言ってもその価格。

数あるウェアラブルカメラの中でも、
特に中国製ブランドのものは、軒並み1万円以下で買えるのに
堂々の5万円越えですから、キズが付いたりしたら大変です。

 

しかもHERO5以降、今まであった
プラスチック製のハウジングケースなしで、
水中で使えるようになりました。

これはこれで便利なのですが、過酷な環境の下で使えば
もろにボディに衝撃が伝わるし、常時ムキ出しレンズだって
いつキズが付くとも限りません。

 

そこで私が発見したのが、
このアルミ合金製ハウジングケースなのです。




「『GoPro HERO6 アクセサリー』おすすめ:アルミ合金ハウジングケースでボディを保護!」の続きを読む…

『APEMAN アクションカメラ』口コミ:ウェアラブルカメラがこんなに安いけど、これって使えるの?

 

今までの常識を超えた安さのウェアラブルカメラ、
「APEMAN アクションカメラ」
を、口コミ評価してみたいと思います。

 

激安ながらフルHD 1080pの高画質・30メートル防水機能搭載、
そして多数のアタッチメントも付属したモデルです。

これらがしっかりしたソフトケースに収められ、
見た目にワクワクするセットとなっているんですよ。




「『APEMAN アクションカメラ』口コミ:ウェアラブルカメラがこんなに安いけど、これって使えるの?」の続きを読む…