ウェアラブルカメラの歴史

history01

 

今では、ごく普通に使われている
ウェアラブルカメラ・アクションカメラ
ですが、
いったいいつ頃から使われ始めたのでしょうか?

記録に残るものは、1961年にボブ・サンクラー氏が
スカイダイビングする時に、ソニーの16mmフィルム式
カメラを体に装着して撮ったというものです。

history02

腹部に担いでいるのは巨大なバッテリーで、写真を見る限り、
随分と大掛かりな装置だったことが分かりますね。

 

その後は、1966年のモナコグランプリで、F1カーレーサーの
ジャッキー・シュチュワート氏がヘルメットに三眼レンズを取り付けた
巨大なフィルム式カメラを取り付けて、撮影したという記録が残っています。

これもやはり、首に負担が掛かって
長時間に渡る撮影は無理だっただろうと想像できます。

また1971年に公開されたスティーブ・マックイーン氏主演の映画
「栄光のル・マン」で、マックイーン氏本人が同じような形で、
ドライバー目線で撮った映像があります。

history03

 

さらに二輪車の世界では、1986年の
「USGP500ワールド・チャンピオンシップ」というバイクレースが
最初だといわれ、1987年の「ザ・グレート・マウンテンバイキング・ビデオ」
という映像作品の中では、マウンテンバイクで走行動画を撮ったものを使っています。

history04

現在は、コンピューターの発達もあってウェアラブルカメラも大変小さくなり、
身に着けても負担になりませんが、一般の動画カメラでしか
撮る方法がなかった昔は、相当に苦労したのでしょうね。

(出典:kottke.org)