2020年 アクションカメラ小僧おすすめアクションカメラベスト3

  (1) リコー WG-M2

とにかくタフで防水・耐衝撃・耐寒に優れいつも持ち歩ける携帯性が良い

  (2) SONY FDR-X3000R

4K+空間光学手振れ補正機能で安定した映像 画質の良さは国内外トップ

  (3) コダック PIXPRO SP360

水平方向360度の映像が新鮮 定点観測カメラで使うと面白い画が撮れる




『あなたにおすすめの記事』ピックアップ

アクションカメラとビデオカメラ、どちらも動画を撮影するためのカメラですが、果たして両者にはどんな違いがあるのでしょうか?性能や機能、用途の観点から比較してみました。

『アクションカメラとビデオカメラとの違い』

『GoPro MAX』レビュー評価:FUSIONより編集は楽だが初心者には扱いが難しい360度アクションカメラ

 

アクションカメラに興味があって、従来からのモデルも良いんだけれど、近頃人気の360度アクションカメラも欲しいと思っているあなたはいませんか?

そんな風に迷っているのなら、いっそうのこと、両方が1つになったカメラはいかがでしょうか。

 

両方が1つにくっ付けば、その時の用途に応じ、切り替えて撮影することができるのです。

それが可能なのは「GoPro MAX」です。

 

今回はGoPro史上、それまでとは全く違った楽しさに満ち溢れたMAXにスポットを当て、ユーザーレビューを基に検証・評価したいと思います。




『GoPro MAX』レビュー評価:FUSIONより編集は楽だが初心者には扱いが難しい360度アクションカメラ

『DJI OSMO Action』レビュー評価:GoPro9と比較すると辛いがアップデートで魅力はアップ!

 

アクションカメラ・ウェアラブルカメラと言えば、小型で軽量なことが最も重要なことですが、同時に防水であること・衝撃や低温に強いことも求められます。

一時は、1万円以下のモデルが幅を利かせた時期もありましたが、今はYouTuberやVloggerが増え、多少高価でも本当に使えるカメラが注目の的です。

 

また視聴者の目を引く映像作りを考慮すれば、ブレの少ない安定した画面は必須です。

そのため、スタビライザーとしてジンバルが最近話題ですよね。

 

これをアクションカメラメーカーは、ジンバルに匹敵する強力な手振れ補正機能をカメラに収めようと努力しています。

そして人気になっているモデルの1つに、「DJI OSMO Action」があります。

 

DJIは、ドローンやジンバルで有名なメーカーですね。

今回はこのOSMO Actionの実力を、ユーザーレビューで評価するとともに、定番GoProの新鋭機と比較してみようと思います。




『DJI OSMO Action』レビュー評価:GoPro9と比較すると辛いがアップデートで魅力はアップ!

『ソニー Cyber-shot DSC-RX0M2』口コミレビュー:ジンバルとの併用が動画ではおすすめのデジカメ

 

コンシュマー用として、ミラーレス・一眼レフのような静止画カメラ、GoProアクションカメラを例とする動画カメラなどと、バラエティーにカメラは種類が富んでいます。

その中にはどんな用途で使うと面白いか、パッと見では判断が付かないモデルもあって、興味をそそられたりしますね。

 

最近話題の、「SONY Cyber-shot DSC-RX0M2」もそんなカメラではないでしょうか。

デジタルカメラともアクションカメラとも取れる、そんな面白さを持った製品です。

今回はDSC-RX0M2の持つ魅力や使い方に付いて、ユーザーレビューを参考に検証・評価してみようと思います。




『ソニー Cyber-shot DSC-RX0M2』口コミレビュー:ジンバルとの併用が動画ではおすすめのデジカメ