2022年 アクションカメラ小僧おすすめアクションカメラベスト3

 (1)GoPro HERO10 Black

HyperSmooth4.0で抜群の安定映像。タッチパネルの性能アップで操作性向上

  (2)SONY VLOGCAM ZV-E10

レンズ交換が可能でVliggerに強い味方のカメラ。センサーが大きく高画質

 (3) DJI Action 2

本体が上下に分かれる世界最小のアクションカメラ。アクセサリーも豊富




『あなたにおすすめの記事』ピックアップ

アクションカメラとビデオカメラ、どちらも動画を撮影するためのカメラですが、果たして両者にはどんな違いがあるのでしょうか?性能や機能、用途の観点から比較してみました。

『アクションカメラとビデオカメラとの違い』

『カメラのセンサーサイズと画素数』ではどちらが画質に影響?アクションカメラではどれくらいが高画質?

 

デジタルカメラやアクションカメラの画質の高さを計る目安として、イメージセンサーのサイズの大きさや、画素数の数量の多さがあります。

センサーサイズが大きいほど、画素数の数が多いほど、画質は向上すると言われていますよね?

それは確かに間違いではありませんが、しかし各カメラのスペックを見ると、必ずしもそれに従わずに設計されているんです。

 

これは一体どう言うことなのか、センサーサイズと画素数の数量ではどちらが画質に影響するのか、今回分かりやすく述べてみたいと思います。

加えて、このブログはアクションカメラに関連したレビューサイトです。

アクションカメラはどれくらいのセンサーサイズなら足りるのか、また、画素数はどれほどあれば高画質な動画ができるのか、同時に考えてみましょう。




『カメラのセンサーサイズと画素数』ではどちらが画質に影響?アクションカメラではどれくらいが高画質?

『Canon PowerShot PICK』レビュー評判:自動撮影カメラで置いたまま家族と一緒に動画が撮れる!

 

普段からカメラを使い、動画や写真撮影を楽しんでいるあなた。

あなたは自分自身が被写体として、フレームに入る機会はどれほどあるでしょうか。

 

もしあなたがYouTuberかVloggerなら、自撮りすることも多いでしょうが、普通のカメラマンなら恐らくその機会は少ないことでしょう。

そこでもし、あなたを含め家族みんなと一緒に撮れるカメラがあったら、ちょっと興味を持つのではありませんか?

 

そんな面白いカメラ、実はあるんですよ。

名前は「Canon PowerShot PICK」と言います。

 

AI技術を用いて本体が被写体を追い続け、動画や写真を撮ってくれる自動撮影カメラなんですね。

今回はこのPowerShot PICKを、ユーザーレビューを交えながら評判を探り、最後に評価してみたいと思います。




『Canon PowerShot PICK』レビュー評判:自動撮影カメラで置いたまま家族と一緒に動画が撮れる!

『Furboドッグカメラ』レビュー評判:犬用ペットカメラで360度回転・ズーム・餌やり可能!猫好きが嫉妬する?

 

家で犬を飼っているんだけど、昼間は仕事で部屋を空っぽにしている飼い主さんは、意外に多いと聞きます。

室内をワンちゃんだけにしてしまった時、そこでいったい何をしているのか。

 

あなたが飼い主なら、気になって仕方がないのではありませんか?

そんな方の不安な気持ちを、少しでも和らげてくれるペットカメラの存在が今、巷で話題になっているようです。

室内に置いたカメラで彼らを映し出し、いつでもスマホの画面で、現在の様子を伺えると言うものなんですね。

 

ペットカメラはすでに色々なメーカーから発売され、種類も多数出ており、まるでアクションカメラのような人気ぶり。

あらゆるモデルの中で、犬に特化したあるペットカメラが注目されています。

そのカメラとは「Furbo(ファーボ)ドッグカメラ」と言う商品。

 

犬の習性をAIが認識し、飼っているワンちゃんを見守ってくれるライブカメラです。

今回はこの犬に特化したペットカメラ、Furboドッグカメラとはどんなカメラなのかユーザーレビューも交え、その評判と魅力をお伝えしようと思います。




『Furboドッグカメラ』レビュー評判:犬用ペットカメラで360度回転・ズーム・餌やり可能!猫好きが嫉妬する?