ウェアラブルカメラとビデオカメラとの違い

ウェアラブルカメラとビデオカメラ、
どちらも動画を撮影するためのカメラですが、
果たして両者の違いはどこにあるのでしょうか?

 

性能や用途などの観点から、述べてみましょう。




 

1.)大きさ・用途

大きな違いは、何と言ってもそのサイズです。

最近のビデオカメラは、
昔と比べて随分と小さくなりました。

 

ひょいと片手でグリップして、
そのままドンドン撮ることができます。

しかし、そのスタイルで自転車に乗ったり、
体操をしたりするのは困難ですよね。

 

対してウェアラブルカメラは、名前の示す通り衣服に装着して、
両手をフリーにしても撮影ができるほど小さくなっています。

重さも、ビデオカメラは200g~300gほどあるのに比べ、
ウェアラブルカメラは50g~100g程度に抑えられています。

 

ですから、ヘルメットに装着しても
重さが負担になることがありません。

 

2.)画質

ウェアラブルカメラは主に「MicroSDカード」
ビデオカメラは「SDカード」とメモリーカードの形に
違いがありますが、どちらも画質に影響するものではありません。

 

しかし、ボディサイズの相違で、搭載される映像素子の
大きさの違いが、画質に影響を及ぼします。

ビデオカメラは、コンパクトデジタルカメラと同程度、
1/2.3インチのCMOSセンサーを搭載する機種が多いです。

 

ところがウェアラブルカメラは、ボディがとても
小さいため、もっと小さな素子を使っています。

その小ささゆえ、ウェアラブルカメラの画質は
ビデオカメラに及びません。

 

それでも最近のウェアラブルは改良が進み、
HDフルハイビジョンモデルならかなりの高画質と言えますし、

4Kモードを備えたモデルなら、ビデオカメラと何ら
遜色はないほどの高画質を実現したものがあります。

 

また動画を見ていると、
気になるものに手振れがありますね。

最近は、どちらも手振れ補正機能を搭載したものが
登場していますので、以前の機種よりも
安定した画面を見ることができるようになりました。

 

しかしウェアラブルは、効果の低い「電子式手振れ補正」が多く、
対してビデオカメラは大きなボディを生かして「空間光学式手振れ補正」
を搭載したものが多いので、より安定した動画を楽しむことができます。

 

それでも、ソニーのFDR-X3000Rのようにウェアラブルでありながら、
空間光学式手振れ補正機能を内蔵したモデルも登場したので、
ますます両者の差は小さくなりつつあります。

 

3.)その他のメリット・デメリット

ウェアラブルカメラは機動性の高さを生かすため、
あらゆる場所に装着するためのアタッチメントが充実しています。

このアタッチメントを利用することで、ヘルメットや
バイクのハンドル・腕や胸など色々なところに固定でき、
普段見ることができない目線で迫力ある動画を撮影できるのです。

 

ボディが大きく重いビデオカメラでは、
真似のできない芸当です。

 

その代わり、小さなウェアラブルカメラは、
その小ささゆえバッテリーも小さくなっています。

なので、長時間撮影が苦手です。

 

容量の大きなバッテリーを積むビデオカメラとは違い、
ウェアラブルカメラで長く撮影したい場合は
予備バッテリーを用意するか、モバイルバッテリーで給電する
必要がある点が最も大きなデメリットと言えるでしょう。

 

 

最後に、超小型ウェアラブルカメラ、パナソニックHX-A1H
鉄道模型車両に搭載して撮影した、迫力ある映像をお楽しみ下さい。

このような動画は、ビデオカメラで撮るのは困難です。


協力 rios circle Miniature Channelさん

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください