『リーベン ハットアンブレラ』口コミレビュー:かぶる傘がアクションカメラでの釣りの撮影に便利!

 

野外でカメラで撮影していると、思わぬ雨に降られてしまうことがあると思います。

そんな場合、アクションカメラなら多くが防水構造なので、濡れても問題はないのですが、カメラマンはビショビショになってしまいますね。

 

なので普通は、すかさず傘をさして撮影を続ける訳ですが、そうするとカメラは片手で持つことになり、手振れが気になってしまうことでしょう。

それならば、カッパを着れば問題は解決するのでは?と思うかも知れません。

 

ですがカッパは結構蒸れやすく着心地が悪いし、雨のしずくがカメラに掛かるのが気になります。

じゃあそんな時、カメラも自身も水濡れから守り、しかも両手が使えるこんな傘を使ってみてはいかがでしょうか。

 

それは「リーベン ハットアンブレラ」と言うかぶる傘です。

今回は、このリーベン ハットアンブレラがアクションカメラに限らず、どのカメラでもカメラマンと一緒に水濡れから守れることを、ユーザーレビューを交えて検証して行きましょう。




「『リーベン ハットアンブレラ』口コミレビュー:かぶる傘がアクションカメラでの釣りの撮影に便利!」の続きを読む…

『Nikon COOLPIX P950』レビュー評価:アクションカメラで不可能な望遠撮影で運動会などに威力を発揮!

 

これからアクションカメラを購入しようとする方から聞く質問に、このようなものがあります。

「アクションカメラは運動会でも使えますか?」と。

 

答えを言えば、”それはちょっと難しい”です。

何故ならアクションカメラのほとんどは、超広角レンズを搭載しているため、遠くの人物をアップで撮影できないからなんです。

 

ズーム機能ありとうたったモデルがありますが、それはデジタルズームのことであり、光学ズームと違って画質が低下してしまいます。

しかもデジタルズームはわずかしかズームできず、撮影しているその場から、一人をずっと追い続けることは不可能でしょう。

 

そんな場合、ビデオカメラならある程度望遠で撮ることは可能です。

でも、よりズームが利いてしかも撮りやすい、こんなカメラを使ってみるのはどうでしょうか?

 

そのカメラとは、超高倍率ズームを搭載した「Nikon COOLPIX P950」です。

ネオコンデジと呼ばれるカメラで、35㎜判換算24㎜~2000㎜をカバーする上に、4KUHDでの動画撮影を可能にしています。

今回はアクションカメラを求めながらも、望遠を生かした撮影をしたいあなたの望みを叶える、COOLPIX P950の魅力をユーザーレビューを交えて迫ります。




「『Nikon COOLPIX P950』レビュー評価:アクションカメラで不可能な望遠撮影で運動会などに威力を発揮!」の続きを読む…

『アクションカメラ ファイル分割』アクションカメラで長時間撮影すると何故ドラレコのようにファイルが分割されるの?

 

アクションカメラのようにSDカードを使うデジタルビデオカメラは、1度撮影が始まってシャッターを止めると、そこで1つのファイルが作成されます。

つまり、シャッターを押すたびにファイルが作られる訳です。

 

ところが長時間撮影が続くと、シャッターは1度しか押していないのに、いくつものファイルに分割されていることがあります。

これはカメラの不具合なんでしょうか?

 

いえいえ決して不具合なんかではなく、これが正常な記録のしかたなんです。

同様の現象は、SDカードを使う一般のビデオカメラにも起こります。

 

でもファイルをPCで連続再生すると、ファイルとファイルの継ぎ目で映像が一瞬飛んだり、音が途切れたりしますよね。

これがとても気になるユーザーも多いことでしょう。

 

そんな継ぎ目をなくすためには、どうしたら良いのでしょうか?

と言うことで、今回は「アクションカメラのファイル分割」に付いてお話をしようと思います。




「『アクションカメラ ファイル分割』アクションカメラで長時間撮影すると何故ドラレコのようにファイルが分割されるの?」の続きを読む…