『iON Adventure』レビュー:ドラレコにもなる2in1のウェアラブルカメラを評価

 

 

ドライブレコーダーにもなる2in1のウェアラブルカメラ、
「iON Adventure(アイオン アドベンチャー)」
をレビュー評価してみましょう。

2

ビデオモードとドライブレコーダーモードを搭載して、
ワンタッチで切り替えられ、それぞれのモードごとに別々にファイル
保存できるよう、2つのマイクロSDカードスロットを設けたモデルです。

そのためファイル管理が容易となり、これ1台でウェアラブルカメラ
になったり、ドライブレコーダーになったりと便利な設計ですね。

 

筒形でありながら、横向きにセッティングすると言う、
珍しいデザインにもなっています。

 

ではまず、このカメラの製品概要と画質を、
次の動画で確かめてみて下さい。

 

それからさらに、実際に使用しているユーザーの
皆さんのレビューで、使い勝手などを評価してみたいと思います。

 

★「吸盤式のサクションマウントが付属しているので、これを使えばクルマのフロントガラスに設置可能だ。また三脚穴も付いているので、それを使うこともできる。カメラの向きを変えると自動的に天地がひっくり返るので、私は別途に吸盤式取り付けベースを購入して、ダッシュボードに取り付けた。そのため、ちょうど良さげな位置に取り付けることができた。画質は、明るい昼間には問題ないレベルだが、夜はこんなものかと言うくらいのものだ。だが、信号の色は良く分かる。電源オンは、エンジンスタートと同時に行われるが、電源オフはエンジンと連動してくれず、手動でストップボタンを押す必要がある。総評としてこの製品は、あくまでドラレコ機能を搭載したウェアラブルカメラだ。」

★「バイク用ドライブレコーダーとして購入。結果、役に立たなかった。防水をうたっているが、給電しながらだとカバーを取り付けられず、端子どころかSDカードがむき出し状態。バッテリー駆動も、当然長時間使用はできなかった。また昼間は、稼働中のLEDの点灯が弱くウェアラブルカメラとしても微妙な感じ。ドラレコなら他の特化したものの方が良いし、ウェアラブルカメラとしても、やはり他に及ばないと言った感じだ。」

★「写真では分からなかったが、ボディは結構大きい。ドラレコがそのままビデオカメラになるので、便利に使っている。Wi-Fiは別売りでなく、標準にしてもらいたい。」

 

では、あれこれ語ってみましょう。

 

レビューにもあるように、ウェアラブルカメラ単体または
ドライブレコーダー単体として見れば、中途半端な感じは拭えないですね。

 

しかし、バイクなら給電しながらの撮影は雨の中では無理ですが、
四輪車なら何の問題もなく使えます。

付属のものではなく、別途にサクションマウントを購入し
ダッシュボードに設置しても、天地が自動的にひっくり返るので便利です。

 

この製品はフルHD300万画素ですが、他のウェアラブルカメラと
比較してみると、それほど秀でた画質とは言えません。

しかし、IPX8の10m防水仕様ですから水中でも使えるし、
手振れ防止機能も搭載しているので、
自転車に取り付けても比較的安定した映像が作れます。

 

ウェアラブルカメラ・ドライブレコーダー、それぞれを
別々に持つことが理想ですが、できれば1つで2つの用途で使いたい
と言うニーズも必ずあるものです。

 

目的地までは、カーバッテリーから
給電してドライブレコーダーに。

到着したらサッと取り外して、
ウェアラブルカメラとして使うのも良いでしょう。

 

なるべく物ごとを合理的に行いたいユーザーにおすすめの、
2in1カメラだとして評価したいと思います。

2

 

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおすすめです

⇒ ASUS RECO SYNC

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください