『MIDLAND(ミッドランド) XTC280』レビュー:シンプルで操作が簡単、ヘルメットカメラに最適なHD高画質カメラ

XTC280a

ワンタッチで録画が開始できる、シンプル操作のHD高画質
ウェアラブルカメラ「MIDLAND(ミッドランド) XTC280」
がヘルメットカメラとして最適と話題です。

2

小型ボディと相まって、バッテリー1本で約2時間の長時間撮影ができたり、
ダブルイメージスタビライザーで揺れないブレない安定した映像で
撮れるのが、バイク愛好家に受けているようですね。

 

ではまず、
実際に撮影された動画で、画質などを確かめてみましょう。


協力 you3000さん

 

今度は購入したユーザーのレビューを基参考にしながら、
XTC280の魅力を検証してみたいと思います。

 

★「■良いところ:1.防水ハウジングが60m防水仕様になっている 2.ハウジング・カメラ本体の三脚ネジ穴が金属製 3.操作スイッチが大きいスライドスイッチなので、バイクに乗っている時にグローブ越しでも問題ない 4.バッテリーの持ちが大体、100~110分と長い ■悪いところ:1.純正のバッテリー充電器がない 2.マイク感度が高すぎるかも3.Wi-Fiも液晶ディスプレイもない」

★「バイク走行時のブレ防止はまあまで、風切り音がそのまま入るので、バイクの車載動画に付いては、素材として使用する方が適していると思う。歩行時のブレはほとんどなく、会話も普通に聞こえる。防水カバーを装着しなければ、モバイルバッテリーで充電しながら撮影できるので、大容量のマイクロSDを使用すれば、より長時間の撮影が可能だ。」

★「操作が簡単で、とにかく安い。大きな操作ボタンで、運転しながらでも録画しやすいのはかなりのメリット。ただ家に帰ってからでないとチェックできないのと、意外に映像が揺れる。デジカメでブレ防止に慣れているから、尚更気になる。値段を考えたら十分だが。」

★「簡単操作で、初心者の私にはピッタリだ。映像も綺麗だ。ブレも少ない。」

 

さて、いかがでしょうか。

 

日本ではまだあまり馴染みのない、
アメリカ・ミッドランド社の製品です。

サイズが約42mm x 85mm x 30mmとかなり
小さなサイズですが、耐久性が必要な箇所はちゃん
と金属製になっているなど、作りがしっかりしています。

 

動画を観ると、かなりの高画質、ブレを補正する
ダブルイメージスタビライザーが効いている
ためか、安定した走行風景が楽しめますね。

 

操作が簡単でボタンも大きく、思い立ったらすぐに
録画スタートできるのは、ライダーにとっては
大きな魅力になるでしょう。

 

Wi-Fiもなく液晶モニターも省略されているのは
シンプル過ぎる気もしますが、付属のマウントもヘルメット

への装着に適しており、ライダーにはGoPro製品よりも、
扱いやすいヘルメットカメラといえるかも知れません。

 

価格もかなりリーズナブルなので、初心者でも
気軽に使用できるカメラとしてオススメしたいと思います。

2

XTC280b

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください