『GARMIN VIRB ULTRA 30』レビュー:GPS内蔵で4Kに対応したアクションカメラ

 

GPSを内蔵して4Kにも対応した
「GARMIN(ガーミン) アクションカメラ VIRB ULTRA 30」
が、話題になっているのでレビューしようと思います。

それまでの砲弾型と違い、GoProのような
防水ケースをまとったスタイルで登場したモデルですね。

ボディを小型化するために、あえて水中での撮影では
防水ケースを着用する仕様にしたのだとか。

 

では早速、GoPro HERO5とテスト撮影した
動画がありますのでご覧いただきましょう。


協力 geostarbrandさん

 

そして次にユーザーのレビューで、VIRB ULTRA 30
の使用感を探り、魅力を検証してみましょう。

 

★「今まで使っていたGoPro HERO2より画質が良いし、防水ハウジングに入れても音はちゃんと拾う。GPS受信は、クルマの後部座席付近に設置してもそこそこOK。サーキット走行画面をVERB EDITで編集したら、映像とLAPタイムに大きなズレはなかったが、途中からコース図上に座標がズレて修正できなかった。」

★「4Kまでは必要なかったが、GPS内蔵なのでソフトで色々楽しめそうで購入。画質は綺麗で、動画を撮影しても暗くなく鮮明に映る。タッチパネルは、防水ケースに入れなければスムーズに反応する。ブレ補正機能に付いては、バイクのエンジン回転数により、上手く補正が働かない。ブレブレゆらゆらの映像になる。補正をキャンセルした方がかえって良さそうだ。音はケースに入れると若干こもるが、GoProと思えば良く拾ってくれている。」

★「バッテリーの持ち・画質・操作性・デザインは申し分ない。特にボイスコマンドや、GARMIN Fenix3を使用して撮影できるのが便利。」

 

では、色々述べてみます。

 

GPSを内蔵していることがGARMINのの特徴ですが、
このほどVIRB ULTRA 30では4Kにも対応し、
さらなる高画質を実現しましたね。

 

防水ケースに入れたデザインはGoPro風とは言え、
GARMINらしく高級感あるものです。

これまでの砲弾型のモデルも格好良いと思いましたが、
少し大きく重いことが難点でした。

それを思い切って、小さく軽くするための
措置として、VIRB ULTRA 30は開発されたと言うことです。

 

画質はかなりの高画質、GoPro HERO5と比べて
若干コントラストが低いものの、
明るく撮れているので良好だと思います。

4Kは、あえて必要なかったかも。

 

ただブレ補正機能の完成度は、
GoProよりやや劣りますね。

あまり効果的でないのが惜しいです。

 

操作性はタッチパネルでスムーズ、ボイスコントロールも
英語のみの反応ですが付いていますので、
撮影のスタート/ストップが便利になりました。

 

あと難点を言えば、その価格。

HERO5を上回る値段は、全体の完成度が高いと言っても
抵抗を感じてしまうのは私だけではないでしょう。

 

完成度の高いモデルが欲しいが、GoProとは違う、
個性的なブランドの製品にこだわる人におすすめの
ウェアブル/アクションカメラと言えると思います。

 

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおすすめです

GoPro HERO5

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください