『Boud PIC』くねくねと巻き付けて使うウェアラブルカメラを検証

くねくねと巻き付けて使うウェアラブルカメラ
「Boud (バウド) PIC」を検証してみたいと思います。

 

柔軟性に富んだ、ユニークなデザインの
新しいウェアラブルカメラの誕生です。

 

どこでも巻き付けて使うことができるため、
アタッチメントなど使用せずに

固定できるのが特徴で、いつも持ち歩いて
日常生活を動画でたっぷり残せる楽しい製品。

 

首や腕に巻いたりすれば、まるで
アクセサリーのようにも使えますね。




 

このユニークなカメラを使ってどんな映像が撮れるのか、
まずは動画で見てみることにしましょう。

 

次に使い心地はどうなのか。

 

すでに楽しんでいるユーザーの方のレビューを
参考にして、Boud PICの魅力に迫りたいと思います。

 

★「自分はiPadで使用しているので良いが、アンドロイドで使用する場合はファームウェアでの更新が必要。画質は、思っていたより綺麗だ。今は、バイクに付けて使っている。」

 

本体は細長く、ヘッドには
とても小さなカメラレンズを内蔵。

ここに、ソニーのCMOSセンサーが
使われているんですね。

 

小さくても1080pフルHDで撮影できますから、
動画で見る限り、まずまずの画質で記録されています。

ただブレを防ぐ機能はありませんから、バイクなどのハンドルに装着すると
かなり振動を拾うし、それに伴って
ゆらゆら揺れるローリングシャッター現象も目立ってしまいます。

振動や揺れから守るためには、本体をしっかり
固定するか、腕に巻くなどの工夫が必要ですね。

 

メモリーは内蔵メモリーしか使えませんが、
16GBもあるので、容量が足りないことはないでしょう。

制御は基本的にスマホ等で行う設計になっており、インストールした
アプリで動画・写真・スローモーション及びタイムラプスの4つの撮影
モードが使えることで、まずまず合格と言えるのではないでしょうか。

 

また日常生活防水が施されていて、
多少の雨なら平気なのも評価できるところ。

あとは、値段がもっと安くなれば
デザインも良いし、売れるようになるハズです。

さり気なく装着して日常をスナップすれば、きっと
いつもとは違う目で見た景色を残せると思いますよ。

 

隠しカメラで撮ったような映像に興味のある方には、
面白いカメラとして映るに違いないでしょう。

 

※Boud PICは、SKR FLEX CAM PIC OT0001PICへ
販売を変更しました。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

2

 

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおすすめです

⇒ RICOH THETA SC

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください