【GoPro HERO5 Black】使い方:HERO5はドライブレコーダーとして使えるか?

ウェアラブルカメラ/アクションカメラとして
評判の高い「GoPro HERO5 Black」

 

この手のカメラは、実はドライブレコーダーと基本的にメカニズムが同じで、
使い方を工夫すれば、車載カメラとして使えるものがあることをご存知ですか?

特に、HERO5 Blackをドラレコとして
使ってみたいと思っている人が多いのも事実。

 

今回は、このウェアラブルカメラを
ドライブレコーダーに変身させることは可能か、
探ってみたいと思います。




 

最初に結論を言ってしまいますが、HERO5 Blackは
ドラレコとして使うことが可能です。

コツさえ掴んでしまえば、とても綺麗な
ドライブ動画を作ることができるんですよ。

 

実際に撮影された、こちらの動画をご覧下さい。


協力 tom YNDさん

 

次に車載カメラとして利用している、ユーザーの方の
レビューを参考にしてコツを探ってみましょう。

 

★「デジタル式とは言え広角で撮れ、手振れ補正が効くのも素晴らしい。車内の手元から車外の景色を収めるためには、広角は必要だ。音声コントロールが便利で、リモコンを細かくいじることなく、目線すら動かさずにstart/stopができるのは、想像以上に便利。一体型液晶ディスプレイで映像を見ながら、直接的にカメラの位置調整ができるのは快適。多数の機能を直感的に操作できるのも嬉しい。しかし、電池の減りが早いので、予備電池を買うよりUSBケーブルで外部から給電する方が得策だ。車内で固定して使う分には、これで十分。ただ自動露出ロックの設定が、カメラ再起動でキャンセルされる。稼働中の発熱と電力消費を抑制するため一旦電源を切ると、そのたびに再設定が必要なのだ。この操作は、地味にストレスが溜まってしまう。」

 

いかがでしょうか。

 

発熱対策のための手間が少し掛かりますが、
音声コントロール機能を使って楽に操作できるし、意外に
ドラレコとしても便利に利用することができるのです。

 

ところで、ドライブレコーダーは、車のエンジンが
掛かっている間、ずっと撮影を続けていますよね?

これは、SDカードが一杯になるまで撮影を続け、
メモリーが足りなくなったら古いファイルから順番に
消去して上書きし、撮影を続けているものです。

 

この機能を “ループ機能” と言って、
あまり知られていないことですが、
実はGoPro製品のほとんどがこの機能を持っています。

この機能を持っていることで、HERO5 Black
車載カメラとして利用可能と言う訳ですね。

 

さて、HERO5 Blackが車載カメラとして
利用可能だと分かったところで、
どのように車内に固定すれば良いのでしょう。

 

それは、オプションの「サクションカップマウント」
を使い、フロントガラスに貼り付けるのが最も良いと思います。

2


サクションマウントにこのカメラを固定するには、
付属のフレームにカメラ本体を被せる必要があります。

本体には三脚ネジ穴が取り付けられていないので、
フレームを使わないとサクションマウントが使えないのです。

 

これでHERO5 Blackは、フロントガラスに
設置することができました。

 

しかし、ここで問題が・・・。

 

バッテリーだけで撮影するには都合が良くても、それでは
撮影時間がせいぜい1時間程度しか持ちません。

ですから、レビューのように外部からUSBポートへ、
外部より充電しながら撮影を続ける必要があります。

 

ところが、フレームを被せてしまうことで
USBポートを水から守るためのドアが開かなくなり、
ケーブルが挿せなくなってしまいます。

USBポートを保護する防水ドアは、
液晶モニターから見て左側下にあります。

さあ困った、どうしたら良いのか思案していると、
都合の良い専用フレームを発見しました。

それが下にあるコレ。

 

「Deyard(ディヤード) GoPro HERO5 フレームケース」

2

このフレームは、防水ドアに位置する部分が大きく
空いているので、被せたままでもドアを開けられるんです。

これを使うことで、カメラをフロントガラスに固定した上で、
外部から充電しながら撮影が続けられるのですね。

 

さあ、準備が完成したら、
後はカメラを稼働させるだけ。

気になる画質も、4Kで撮影された
サンプル動画をご覧になった通り。

良くできたドライブレコーダーと同等か、
それ以上の高画質ではありませんか!

 

GoPro HERO5 Blackは、ウェアラブルカメラ/アクションカメラとして
楽しむだけでなく、ドライブレコーダーとしても
十分に役に立つことがこれでお分かりになったと思います。

2

 

 

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおすすめです

⇒ GoPro HERO5 Session

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください