「『XTU MAX』比較レビュー:低価格ながら4K60fps撮影可能!他のアクションカメラとの違いは?

 

このところ新しく登場したアクションカメラを見ていると、360度タイプやジンバル一体型が多い傾向にあります。

一方で、一連のGoProのような正当モデルも機能や性能を充実させ、根強い人気を保っています。

 

またじわじわと、高画質ながら低価格で勝負のモデルを出すメーカーも、続々と登場。

カメラを選ぶ楽しみが増えて来ました。

 

そんな中で、こちらの機種が話題になっています。

それは「XTU MAX」です。

 

価格を安く抑えながら4K60fpsの高画質で撮影でき、液晶モニターをリアだけでなく、自撮りしやすいようにフロントにも搭載。

今回はこのXTU MAXを他機と比較しながら、ユーザーレビューを参考に、実力のほどを検証・評価してみましょう。




 

XTU MAXの特徴や使い方

 

まずはXTU MAXの商品イメージを、メーカーの動画で掴んでいただきましょう。

おおよその概要が分かると思います。

 

 

アクションカメラのキングと言えば、多くの人がアメリカのGoProだと認めるところでしょう。

そのGoProを追うがごとく中国のメーカーXTUは、2016年に誕生しました。

 

ここから登場した今回のMAXは、GoPro HERO9の半額ほどの価格でありながら、HERO9と同等の画質と機能を持ち、デュアルモニターも搭載しています。

単体でも5m、防水ハウジングを付けると30mの防水仕様になり、フロントモニターを使ってVloggerにもなれる多機能性があるのです。

 

ジンバルに近い安定性を持つ、Super Smooth2.0手振れ補正機能も搭載。

WiFiを介して、スマホやタブレットで多才な遠隔操作ができるし、タイムラプスやスローモーションなどユニークな撮影も可能です。

 

 

面白いのはドラレコと遜色なく使える、ドライブモードを備えていること。

夜に弱いと言われるアクションカメラながら、SONY IMX377センサーなどの採用で、ノイズの少ない夜間走行風景が撮れるのです。

 

また、付属するアクセサリーにも注目したいところ。

各種アタッチメントが多数用意され、あらゆる場所に固定することが可能で、これらはGoProカメラのものと共有できます。

 

 

さらに感心するのは、内蔵マイクの風切り音を防ぐため、ボディ全体を包む防風カバーや外付けマイクも付属していることです。

これらで不快な風のノイズを遮断できるし、狙った音を明瞭に拾うことができます。

 

それからスマホで操作ができることに加え、腕時計型ワイヤレスリモコンも用意。

10m以内の範囲で、本機の撮影ON/OFFを制御できるんです。

 

 

少し本体からハミ出たレンズの傷付きを防ぐため、保護フィルムが2枚付属しているし、撮影しない時はレンズキャップを被せられます。

取扱説明書も日本語で書かれており、操作に戸惑うことがありません。

使い方は説明書を一読して分かるほど簡単で、本体での基本操作はタッチパネルになっています。

 

タッチパネルの反応は良く、サクサク動いて操作は軽快。

ボディは全体的にしっかり作られており、低価格モデルに多い安っぽさがなく、手触りは高級感さえ感じさせますよ。

 

 

なお搭載レンズは、166度と結構な広角レンズとなっており、ズーム機能で画角を狭くすることができます。

ただこれはあくまでデジタルズームであり、フォーカスは固定焦点。

オートフォーカスは採用されていません。

 

XTU MAXとAKASO Brave7 LEを比較

 

このように機能と性能に期待が持てるXTU MAXですが、実はこれと同じクラスで、デザインがとても良く似たモデルがあります。

それはAKASO Brave7 LEです。

 

XTU MAXの性能レベルを見極めるため、AKASO Brave7 LEと比較をしてみましょう。

Brave7 LEMAXと同じように、リアにもフロントにも液晶モニターが付いています。

 

大きさ・重さは、両機ともほぼ同じコンパクトサイズ。

最高画質はBrave7 LEが4K30fpsで、MAXは4K60fps。

倍のコマ数で撮れることで、その分MAXの方が画質的に有利ですね。

 

WiFi機能があり腕時計型リモコンも付属して、タッチパネルで操作できるところは両機同じです。

違うのは、Brave7 LEが内蔵マイクのみで外部マイクが使えないのに、MAXは外部マイクの使用ができて、しかもアクセサリーとして付属しています。

あとBrave7 LEはバッテリーが2個付属しますが、MAXは1個しか付きません。

価格は、Brave7 LEの方がMAXより7.000円程安いですね。

 

トータルで見ると両機は良い勝負で、甲乙付けがたいと言えるでしょう。

バッテリーが2個付属するのに、さらに安い価格で買えることを優先すれば、Brave7 LEが優位に立ちます。

でも4K60fpsで撮影できて、外部マイクが使えることを重視すれば、MAXの方が良いでしょうね。

 

 

それでは、実際のXTU MAXの画質はどんなものでしょうか?

あるレビュアーが撮影した動画ありますので、覗いてみることにしましょう。

同時に本機のレビューも動画内で行っているので、参考にしてみると良いと思います。

 


協力: 徳島の県さん

 

さらに、すでに本機を購入して愛用している、ユーザーの皆さんのレビューを集めてみました。

どんな感想を持っているのか、次項で確かめてみて下さい。

 

XTU MAXのユーザーレビュー

 

★「XTU MAXは、オズモアクションの次くらいの性能だろう。他の中華4Kアクションカメラと比べれば、画質の差は明らかだ。コスパ最高なのでは?と思われる。何しろ出来ないことがほぼ無いのだ。唯一の欠点は音声がモノラルって事だけで、同じ画角のアクションカメラでは一番良いと思う。引き延ばしてない動画は、オズモを除けば中華アクションカメラで初めてなのでは?」

★「タッチパネルの反応がgoproよりはるかに良い。手ぶれ補正に関しても悪くはないが、画角がかなり狭くなるのが気にかかる。」

★「電池+モバイルバッテリー給電での録画中にケーブルが抜けたりすると、その時点で電池が残っていても録画が停止してしまう。保護ガラス/フィルム等の対応品が極めて少ない。(AKASO Brave7 LE用の製品を流用可能だが、それも少ない。)手ブレ補正への過度な期待は禁物。録画状況によっては意外と手ブレする。」

★「適度な重さが高級感・安心感を感じさせる。プラではない。防水ケースのパッキンが凄い吸引。ドラレコモードもあるそうなので楽しみだ。広角レンズで歪があるものの、それを修正できるところがグッド。映像は全く問題なし。出来ることが多そうで、これからが楽しみだ。」

 

XTU MAXの評価

 

 

ここからはXTU MAXをまとめて、私が評価してみることにしましょう。

本機の見た目で良いところは、価格が安い割にチャチではなく、しっかり作り込まれていることでしょう。

 

小さなボディでありながら、重量的にズッシリと来るところが、所有する喜びを感じさせてくれて良いと思います。

最高画質が4K60fpsまであるのも、性能の高さを示していますね。

 

しかし、同じ4Kでも価格が倍のGoPro HERO9と比べれば、やはり画質的にかなわないので、同等に期待してはいけません。

HERO9は高価格だけあって、やはりそれなりに高機能・高性能なのです。

歴史の長いメーカーの製品には、完成度や信頼感ではかないませんからね。

 

それでもMAXは、撮影時に気になる風切り音を防ぐために、本体全体を風防カバーで覆うアイデアは秀でて面白いです。

低価格なのに外部マイクを付属させるのも、音をクリアにするのに有効で、メーカーの本気度が伺えます。

 

ただ音がこもっていてやや音質が悪いのと、音量が小さいことが残念です。

とは言っても価格を考えれば、目をつぶってしまえる程度のものでしょう。

 

バッテリーの持ちに関しては、あまり良い方とは言えません。

オプションで予備バッテリーを、もう1個揃えた方が安心でしょうね。

 

手ブレ補正機能は、ボディ内蔵のものとしては優秀な部類に入ると思います。

それでも場面によってブレが気になる時がありますが、ジンバルを併用すれば安定性は向上します。

それでも撮り方を工夫することで、我慢できる範ちゅうにあることを付け加えておきましょう。

 

トータルで評価すれば、さすがに高級機とは性能的に若干劣るものの、コストパフォーマンスの高さでは十分に価値のある商品です。

特に初心者の方には、初めてのアクションカメラとして、一押しできるでしょうね。

 

2


または

3

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください