『GoPro HERO5 Session』口コミ評価:超小型ウェアラブルカメラの使い方

 

防水仕様で水中で使え、多彩な機能を持つ超小型
ウェアラブルカメラ「GoPro HERO5 Session」
を口コミ/レビューで評価し、使い方を探ってみたいと思います。

 

可愛いサイコロ型で、シンプルなワンボタンコントロール・
日本語音声コントロールに対応し、
アクションシーンに強いカメラになっていますね。




 

では、ジンバルに取り付けられた町歩き映像を楽しみながら、
まずは画質をチェックしてみましょう。


協力 yasu mizuさん

 

コントラストも高くノイズも目立たない
画質に、好印象が持てるのではありませんか?

 

次に、すでに購入したユーザーの皆さんの
口コミ/レビューで評価しながら、
HERO5 Sessionの使い方を探ってみたいと思います。

 

★「購入後、スマホリンク・アップデートまで何の問題もなくスムーズに進み、正常に稼働している。バッテリーの消耗は少し早そうだが、自分の使い方に支障はない。長時間撮影したい人は、バッテリーが交換できるBLACKをお勧めしたい。」

★「Sessionの良さは、何と言ってもシンプルかつコンパクトであることだ。ボタン1つで撮影が開始できることは、かなり便利だし、カメラの設置場所の自由度も気に入っている。バイクのヘルメットに付けても、首が痛くならない。」

★「ボイスコントロールは便利だが、たまに厄介だ。カメラの近くでGoProの話題を振った時に “GoProが・・・”  なんて話すと誤検知して写真を撮ったり、動画を撮り始めたりする(笑)。可愛いと言えば可愛いが、動画の途中で写真撮影に移行するとムカつく。」

★「自分には、正直4Kは必要ないと思った。1080pでもとても綺麗だし、手振れ補正をしたい目的で買うならとても良いかも。液晶は小さいが、日本語表示させても見やすい。」

 

さて、いかがでしょうか。

 

何はともかく、本当に小さなボディの中に、
良くもこんなにあれこれ機能を詰め込んだものですね。

 

小さいからこそ、ワンボタンでコントロールするのは合理的だし、
日本語音声で動作をコントロールできるのは超便利です。

ただし、音声を聞き違えて誤作動することもあるので、
気になる方は音声コントロールをOFFにすべきでしょう。

 

また小さいくても、このまま10mまで
防水ケースなしで撮影が可能です。

防水ハウジングを必要としないので、マイクをさえぎらず
クリアな音で録音ができるのもメリットです。

 

しかし、そのままでも水に強いことや小さいことを生かしせば、
海でサーフボードに取り付けたり、バイクツーリングに雨天時でも使える
ヘルメットカメラとしての使い方が便利だと思います。

 

その代わり、あまりの小さなボディゆえ、
バッテリーを交換することができません。

旧製品より電源の消耗が早いので、長時間撮影にこだわる人は
ボディが少し大きくなりますが、
HERO5 BlACKを選んだ方が後悔はしないでしょうね。

2

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください