『GoPro HERO5 Black』レビュー:防水ケースなしで水中OK!手振れにも強いウェアラブルの評価とは?

ついに防水ケースなしで水中で撮れるようになり、
手ぶれも補正して映像がより滑らかになった
「GoPro HERO5 Black」
を、レビューを基に評価します。

2

 

ついにやりましたね。

本体のまま、水深10mまで潜って
撮影ができるようになったHERO5 Black

タッチパネルはもちろん、手ぶれ補正機能も
内蔵して機能が充実しています。

 

と言うことで、まずは手ぶれ補正機能の効果を
確かめた動画がありますのでご覧下さい。


協力 gigazineさん

 

続いて、すでに愛用しているユーザーの皆さんのレビューを
参考にしながら、HERO5 Blackの魅力に迫ってみましょう。

 

★「スキー場で使ったが、防水のためのケースに入れる必要もない。今回から風の音をキャンセルしてくれる機能が付いたが、吹き荒れるスキー場での風の音も最小限に抑えられて良かった。音声認識も画質も申し分ない。」

★「初めてのゴープロだが、使いやすくて満足している。本体に不満はないが、別売りのアタッチメントの値段が高いのが欠点。マイクアダプターやバッテリーが旧モデルと互換性があれば良かったのにと思う。」

★「サイズは、HERO4 Sessionと変わらないのでマウントは流用できたが、USBケーブルは流用できない。日本語表示はディスプレイが小さいためか、漢字が変。ボタンも2つしかないため操作が分かりづらく、細かいところはGoProアプリで設定する必要がある。バッテリーはHERO4より消耗が激しく、長時間の録画には向かない。1時間もすれば、バッテリーの表示が空になる。」

★「手振れ補正がかなり良く、上手く吸収している。また、GoPro Kama Gripと合わせて使うことで、かなりのブレ補正が可能だ。印象としては、街歩きの補正と言うよりは、アウトドアでの激しい動きをさせた時の方が上手く動作している感じだ。映像に付いては相当に進化しており、以前のモデルと比べると、明るく撮れて精細さが上がっているかと思う。」

 

では検証に入ります。

 

やはり防水ハウジングなしで水中で使える
ようになったことが、大きな進化ですね。

わずか10mとは言え、このおかげで雨の中でも気兼ねなく
使えるようになったのは、素晴らしいことでしょう。

 

防水ハウジングを使わないおかげで、
録音の音も良くなっています。

音が良くなったのは、
風切り音低減機能の効果もあるのでしょう。

レンズカバーなどアクセサリーもさらに充実するなど、
よりユーザーに使いやすいカメラに進化しましたね。

 

ただ残念なのは、
前モデルのHERO4よりバッテリーの消費量が増え、
録画時間が減ってしまったこと。

常に予備バッテリーか、
モバイルバッテリーを持ち歩くのは必須です。

 

またディスプレイが小さいため、せっかくの
タッチパネルの機能が生かし切れていない点も惜しいですね。

基本的にアプリを使って操作した方が、
スムーズに使いこなせるに違いありません。

 

しかし、優れた手ぶれ補正機能が付いたことで、
かなり画面が安定するようになり滑らかで、
画質も緻密な感じになったのは大いに評価できます。

全体的に、HERO4よりグッと魅力が
増したことは間違いないでしょう。

 

全体的には、GoProファンならずも見逃せない、
魅力ある製品の誕生と言って良いでしょうね。

2

 

 

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおすすめです

⇒ SONY HDR-AS300R

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください