『360fly 4K』評判:日本でも発売になった球体ボディのアクションカメラ

 

超ワイドレンズ1つだけで360°動画を4Kで撮影できる、
球体ボディのアクションカメラ「360fly VR 4K」
が日本でも発売、評判を探りたいと思います。

2

 

ほかの球体カメラと違い、アプリを使って合成をせず
半球タイプの360°撮影を実現しています。

そのため合成の継ぎ目が見えないので、
自然な写り方で鑑賞できるのが特徴ですね。

 

と言うことで、まず実際にどんな映像が撮れるのか、
動画で確かめてみましょう。

 


協力 overexpose 360さん

 

次に操作性など、使い勝手が気になるところ。

実際に使ってみた方のレビューを参考に、
360fly 4Kの魅力を検証します。

 

★「ゴルフボールのような、幾何学模様のデザインが良い。画質も良く、2880p x 2880pの4Kはトップクラスに入る。本体のシャッターを使うと指や手が画面に入ってしまうので、スマートフォンのリモート撮影を使わないといけない。ただWi-Fiがつながりにくい時があるので、本体にタイマーかリモコンがあると良いと思う。本体だけで10mの防水機能があるので、アウトドアで活躍する。」

★「デザインが良く、スマホのアプリを使って操作が簡単。動画は、Facebookにアップするのも簡単だ。VRビュワーも買って一緒に楽しんでいる。」

 

さて、いかがでしょうか。

 

何と言っても1つのレンズだけで、合成させずに
360°の半球映像を実現しているのが凄いですね。

それを30fpsの4Kで撮影すると、
とても見事な映像が作れる訳です。

 

またメモリーは、SDカードではなく
内蔵メモリーだけとなっていますが、64GBもあるので、
まず容量不足になることはないと思います。

球体でありながら10mの防水・IP6Xの防塵・1.5mの耐衝撃・
マイナス20℃までの耐低温性能を備えているので、
まさにアクションカメラと呼んでも良さそうな感じです。

 

底面に三脚穴を装備し、多種類のアクセサリーも
用意されていますが、本体が球体であることで、
上手く使いこなすには少しコツがいるでしょうね。

 

価格もこの手のカメラとしては高価なクラスに入るので、
手軽に使って手軽に楽しむには、少し敷居が高い
アクションカメラと言った方が良いかも知れません。

2

 

 

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおすすめです

⇒ Kodak PIXPRO SP360 4K

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください