ウェアラブルカメラの楽しみ方 [ミニ四駆編]

ウェアラブルカメラを使った映像作品


協力TAMIYAINCさん

 

この動画は、ミニ四駆のコースでの疾走シーンを、
今までにない目線で撮影した作品ですね。

見ていて思わず画面に引き込まれる迫力があり、ホント凄いです。

 

普通ミニ四駆が走る様子は、コースを上から俯瞰(ふかん)して鑑賞しますが、
この作品はカメラをマシーンに固定することにより、まるでマシーンに
乗っているかのような錯覚に陥る映像が楽しめるのです。




 

通常の撮影スピード30fpsで撮ると体感スピードが高すぎ、
コマ送りのような映像になるところを、スローモーション撮影
(今回の場合60fpsか120fps)することで、現実感のある動画ができます。

車体の前にあるパーツが上下に動く様子や、コースの最後あたりで
マシーンがジャンプする姿はとてもリアルで、スリル満点ですよね。

 

ところで、ミニ四駆のボディにウェアラブルカメラを取り付けるのは、
想像がつくと思いますが、簡単なことではありません。

何と言っても動きが激しいので、
カメラの固定に難儀するのです。

 

最小・最軽量ボディでスローモーション撮影可能、
取り付けマウントが豊富、こんな条件でカメラを選ぶと
おすすめモデルは、Panasonic HX-A1H
GoPro HERO5 Sessionの2機種のどれかになるでしょう。

 

特にHX-A1Hはペンシル型で、ミニ四駆ボディとマッチしやすく、
オプションのミニベースマウントなどを使い工夫すれば、
上手く固定できるでのではないでしょうか。

 

一方、HERO5 Sessionはキュービックスタイルなので
不安定ではと思うのですが、ゴープロには本当に多種の
マウントが用意されているので心強いです。

また、本体には手振れ防止機能が内蔵され、
滑らか映像が得られるのが期待できますね。

 

ぜひあなたも、こんな映像作品に
挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください