『GoPro MAX』レビュー評価:FUSIONより編集は楽だが初心者には扱いが難しい360度アクションカメラ

 

アクションカメラに興味があって、従来からのモデルも良いんだけれど、近頃人気の360度アクションカメラも欲しいと思っているあなたはいませんか?

そんな風に迷っているのなら、いっそうのこと、両方が1つになったカメラはいかがでしょうか。

 

両方が1つにくっ付けば、その時の用途に応じ、切り替えて撮影することができるのです。

それが可能なのは「GoPro MAX」です。

 

今回はGoPro史上、それまでとは全く違った楽しさに満ち溢れたMAXにスポットを当て、ユーザーレビューを基に検証・評価したいと思います。




 

GoPro MAXは単に360度アクションカメラとして面白いだけではない

 

 

GoPro MAXは、ボディの前と後ろそれぞれに180度レンズを搭載し、両方を合わせることで360度撮影を可能にしたアクションカメラ。

最初に “360度モード” にしておけば前後関係なく、周囲の風景を自動的に360度記録してくれます。

 

撮影後、GoProアプリを使って編集することで、上下左右に映像を引っ張って面白い360度動画ができるのです。

ただ360度の映像は湾曲したものであり、ユーザーは常にこんな映像が欲しいばかりではないでしょう。

 

 

そこで本機は従来の “HEROモード” も設け、超広角の正視アクション映像を作り出すことも可能としています。

ではMAXは、ただ単に360度モードに、通常のアクションモードを付け足しただけのものなんでしょうか?

 

いいえ、そうではありません。

通常のアクションモード(つまりHEROモード)では、従来のGoProカメラにはなかったMax Hyper Smoothと呼ばれる、画期的な水平維持機構を備えているんですね。

 

これは、カメラを左右に揺らしたり上下に振って天地をひっくり返したりしても、画面が傾くことなく水平を保ってくれると言うもの。

この機能は手振れ補正も兼ねており、周囲は揺れているのにカメラの画面は安定したまま、揺れたりブレたりしない映像が撮れるんですよ。

 

機能そのものが本体に内蔵されているので、ジンバルなど特殊なアクセサリーを用いたりしなくても、自撮り棒に固定して手に持つだけで撮影ができます。

このMax Hyper Smoothが搭載されているだけでも、本機を使う意味があるのです。

 

それから流行の撮影方法に、タイムラプスがありますよね?

タイムラプスはコマ撮りですから、普通、カメラは三脚に固定しないといけません。

 

ところが本機は、カメラを自撮り棒に装着して手に持ったまま移動しても、タイムラプスが撮れるMax Time Warpと言う機能が付いています。

あえて360度モードを無視してHEROモードだけ使っても、他機とは違う面白い映像作りが楽しめるのです。

 

もちろん360度モードを使えばGoProアプリを併用して、1台のカメラしか使っていないのに、自分の姿を前から後ろから左右から写した映像が作れます。

また、長い自撮り棒を使ってカメラを離して撮れば、まるでドローンから自分を写したような映像になりますよ。

 

さらに写真撮影機能も面白いです。

今までパノラマ写真を撮る時は、カメラを上下にズレないように注意しながら横に動かして、何枚か撮影する必要がありました。

 

それを本機はPower Panoと呼ぶ機能で、1度の撮影で270度の広角パノラマ写真ができあがります。

HEROモードではレンズを交換したように、狭角・リニア・広角そしてMax Super Viewと言う超広角の、4つの画角に変化させての撮影も可能です。

 

音の方では、本体の前後左右に6つのマイクを内蔵して、立体感あふれるステレオサウンドで録音ができ、GoProでは最も高音質仕様としています。

以上を踏まえて、次に実際にMAXを使用しているユーザーの方のレビューを、動画でご覧下さい。

本機の概要を、より分かっていただけるでしょう。

 


協力 大川優介さん

 

GoPro MAXとGoPro FUSIONはどう違うのか?

 

 

GoProには、実は以前にFUSIONと言う、360度アクションカメラがありました。

ここで本機MAXとFUSIONはどう違うのか、おおざっぱに述べてみたいと思います。

 

両機とも前後にレンズが付いていて、それぞれ180度ずつ撮影を受け持つ仕様は同じ。

しかしFUSIONは、360度モード専用のアクションカメラであるのに対し、MAXは前述のように360度モードとHEROモードの2つがあります。

 

MAXは、他のGoProカメラと同じような映像を撮ることができるのです。

そしてMAXは後のレンズで前方を撮影したり、前面のレンズに切り替えて自撮りをすることが可能。

 

カラー液晶は自動的に前後切り替わるので、どちらのレンズを使ってもモニターできる仕様です。

つまり、スマホの動画撮影と同じ感覚で操作できると言う訳ですね。

 

これと同じことをFUSIONではできません。

そもそもFUSIONには、カラー液晶は付いていませんからね。

 

FUSIONは360度撮影に特化しており、しかも、マイクロSDカードが前後それぞれに1枚ずつ必要でした。

データ量も大きくて重く、撮った後の映像のつなぎ合わせ編集も、ユーザーの手で行わないといけません。

 

MAXではこれが改良され、1枚のカードで前後のデータを記録することができ、扱いが楽です。

前後の映像のつなぎ合わせ編集は、MAXならGoProアプリを使うことで、自動的に行ってくれますよ。

ざっと簡単に述べただけでもMAXは、ずっとFUSIONを超えていることがお分かりいただけたでしょう。

 

では次の項では、MAXの実際の使い勝手はどんなものか画質を含めて、すでにユーザーになっている皆さんのレビューで確かめたいと思います。

そして、最後の項では私が全てを踏まえて、本機の評価をしましょう。

 

GoPro MAXのユーザーレビュー

 

★「私的にはGoPro HERO等、ウェアラブルは多数持ち合わせているので、HEROモードではなく、360度VR表現のできることを前提に考えていた。購入後360度VR表現を試そうとしたものの、なかなか簡単にはできない。私の環境はwindowsなのだが、今日現在360度モードの映像を直接PCで再生することが出来ていない。(HEROモードは可)再生や編集素材とするためには、別途GoPro MAX Expoterをインストールし展開させる必要があり、更にこの展開にも相当の労力とPCパワーが物を言う。展開された映像素材はAdobe Premiereとプラグインを用いて縦横無尽、自由な表現が可能になる。画質はHEROモードで、GoPro HERO8と比べても遜色の無い映像だ。ただ解像度ではHEROに譲る。360度モードでは展開を前提として評価すると、3種類のコーデックと3種類の解像度から選べるが、最高解像度はCine Formコーデックのみ。これらの描写は大変優れていると感じる。その他の組み合わせでは、少々破綻が見られる。」

★「最強の手ぶれ補正!カメラが斜めになろうが関係なし!あと360度で撮影していれば、カメラを向けずとも撮影してくれる。後から編集で必要な部分だけ使えば良いのだ。観光地で撮影する場合、手持ちカメラとこのGoPro-MAXを同時に2台使いすれば、今まで出来なかった撮影も可能ではないだろうか?」

★「操作は割としやすいと思う。機動性では、レンズカバーがすぐに傷ついて映像に傷が写り込む。360度の映像はスマホアプリでというのが面倒。つまりそれなりにクセが強いということになるので、ハードルは高いと思う。気軽さは無い。バッテリーの持ちは良い。携帯性は大きいので良くは無い。液晶は見やすい。音質は期待したほど良くはなかった。総評として、使いにくい、取り回しがいまいち。自転車に取り付けてみたりネットブラケットで撮影してみたが、確かに水平維持が素晴らしい。しかし取り回しがいちいち不便で、先のレンズの件などで気を遣いストレスが溜まりまくる。買って損したと後悔している。私には合わないカメラだった。」

★「初の360°カメラなので比較はできないが、スマホでも一眼でもドローンでもない、独特な映像はとてもおもしろい。長い自撮り棒があると、撮影の幅も広がる。編集もアプリを使えば直感的にできるので簡単だ。」

 

GoPro MAXの評価

 

 

GoPro MAXは、360度アクションカメラとして、画期的なモデルと言うことができると思います。

360度撮影ができながら、今までのアクションカメラと同じ映像も撮れるのですからね。

 

で、私が凄いと思うのは、単に2つのモードで撮影できることではありません。

それはHEROモードでMax Hyper Smoothを使い、カメラを激しく揺らしてもブレることなく、画面の水平を維持させられることなんです。

 

またレンズが前後にあることで、カメラの向きを変えずに前方撮り・自撮りができるのも便利。

これはスマホを操作する感覚で使えるので、VloggerやYou Tuberには重宝することでしょう。

 

問題は360度モード。

メーカーでは、容易にGoProアプリで編集できるとうたっていますが、それはあくまで簡単な編集での話。

 

MAXが持つ機能を十分生かした映像作りをしようとすれば、他の映像ソフトも必要になります。

同時にかなりハイパワーなPCを使用しないと、非常に処理に手間取ることがあり、多大な労力と時間を費やしてしまうのです。

 

初心者が気軽に撮ったデータを使い、You Tubeで見られるような、通常動画と360度動画を交えたタイムワープ映像を作るなど無理な話です。

何せ慣れた人でも、わずか十数秒のトリッキーな映像を作るのに、4時間以上掛かったりするんですからね。

並みのPCではすぐにハングアップして、ろくな処理もできないでしょう。

 

なので、豊富な機能を使って撮影することはたやすいですが、苦労して後処理をやらなければならないのは、初心者に取っては敷居の高い作業だと自覚しないといけません。

すでにアクションカメラの映像作りの経験があって、次のステップへ向かおうとしているのなら良いですが、安易な考えでは失敗するのは目に見えています。

 

もし映像編集初心者のあなたがGoPro MAXを購入するのなら、まずはHEROモードでの編集で腕を磨き、慣れて来てから360度モードの編集に手掛けると良いでしょう。

作成できる動画が素晴らしいからと安易な気持ちで導入してしまうと、後で後悔するのがGoPro MAXの落とし穴。

 

本機は、アクションカメラとして確かに素晴らしい製品です。

でも購入するには、十分な事前知識が必要でしょうね。

 

2


または

3

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください