『Kodak PIXPRO SP360 4K』レビュー:SP360との画質等を比較

SP360の4K版全方位360°アクションカメラ
「Kodak(コダック) PIXPRO SP360 4K」
レビューし、画質等を比較してみたいと思います。

2

4K画質(800万画素)で、撮影が可能!

水平方向360°/垂直方向235°で、ほぼすべてのシーンに対応し、
パソコン用のアプリを使い
11種類の表示モードで視聴可能になっていますね。

 

では、最初にその画質を、
動画で確かめてみましょう。

 

画面をポインターで動かし、全方位カメラの
面白さを味わってみて下さい。


協力 SailVideoSystemさん

 

そして、実際に愛用しているユーザーの皆さんの
声を参考に、SP360 4Kの使い心地を検証します。

 

★「4Kとそうでない画質の差は良く分からないが、撮影後にソフトでグリグリ動かせるのは斬新で楽しい。YouTubeへの360°アップはYouTube側の制限なのか、画質が落ちてしまうのが残念。だが撮影意欲をかき立てられるカメラだ。」

★「SP360と比べて、パソコンのソフトで見た時に綺麗になっている。一般的なアクションカメラで撮った映像に混ぜても、違和感が少なくなっている。360°撮れる魚眼ビデオカメラとして考えれば、現時点では一番だろう。ただ一般的なアクションカメラと違い、撮影動画を展開すると、パソコンのソフト作業が必要な点は考慮した方が良い。」

★「良くできていると思うが、実際に4Kの最高画質で撮影したところで、データの変換にえらく時間が掛かる。30分データをYouTubeにアップするのも1日掛かりだ。まともに再生もできない。相当なグラフィックカードなのか、かなりの高速回線がないと現状では見るすべもないのかも知れない。そう考えると、普通のSP360でも良かったかと思う。商品は面白く性能も良い。買ってすぐに、2台体制にしたくなった。遊び用には、ちょっと高いかな。」

★「録画を始めて15分、熱で勝手に止まった。4Kで画質も良く映像も面白いが、5月の気温でこれなので、残念ながら夏場は使い物にならないと思う。」

★「SP360と似たサイズだが若干大きくなっているため、ハウジングなどのアクセサリーが共用できなくなっている。SP360からのユーザーには残念だ。360度カメラの中でも、動画力がアップしたのは喜ばしい。」

 

では、色々語ります。

 

まず初めに理解しておきたいのは、このSP360 4KとフルHD仕様の
SP360の大きさを比較すると、若干4Kの方が大きいことです。

 

よって、防水ハウジングなど、一部のアクセサリーが
共用できないことに注意しないといけません。

SP360からSP360 4Kへグレードアップしようと
思っている方は、気を付けるべきでしょう。

 

両機の大きな違いを簡単に言えば、4Kで
撮影できるかできないかと言うことですね。

フルHDで撮ると1920x1080pとなるところが、
4Kで撮ることで3840x2160pの大きな映像になるので、
その分高画質になる訳です。

 

ただしこの高解像度映像を、YouTubeでは
表示することはできません。

テレビモニターを使って、高画質映像作品を披露するには効果的ですが、
YouTubeで作品を公開するのが主な目的とする方には、
性能を持て余しもったいないかも知れないのです。

 

何と言っても、価格が倍違いますからね。

両機とも360°半天球映像作品を作るには大きな武器にはなりますが、
フルHDと4Kに2倍の価格差に価値を見出すのは、アマチュアには難しいのでは?

 

また、どちらも少し熱に弱い
面も気になるところです。

 

SP360 4Kは、全方位カメラとして魅力は感じますが、
4Kに特にこだわらないのなら、
SP360を選んでも十分満足度を得られるのでは、と私は思います。

2

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください